農業者年金に加入する前にやるべき事とは? こちら←

新規就農を断念!理由はシンプルに1つだけでした。

こんにちは、農家の方に特化して家計のお悩み解決をお手伝いしています

農業専門ファイナンシャルプランナーの西田凌です!

 

僕の所へ家計のご相談にこられる農家さんは、ほとんどの方はブログの記事やプロフィールをよく読んで下さった上で、ご相談に来てくださるので、

実は僕が就農未経験ということはほとんどのご相談者さんはご認識いただいているのですが
(もちろん、就農の計画や実際の農家さんの所で研修を受けたりはしましたよ!)

たまに、「えっ!そうなんですか!?」というリアクションをされる方もいらっしゃいます(笑)

面談でのご相談の最初には必ずプロフィールや経歴をご紹介するので、その時に初めて知った!というケースですね。

 

もちろん、有難い事にそれじゃあ相談はいいやという方はいらっしゃらないのですが、相談を始めた当初は

「実際に農家じゃないけど農家さんを相手にFP業をやっていいのかな?」

と悩んだりもしましたが、やはりそこは皆さん賢明で、自分に役に立つのであれば、別に問題無いという様子でした。

 

※実はこっそりプロフィールの詳細にも就農していないという趣旨は書いています。

その中で、農家さんの所で食べさせて貰った
採りたてのアスパラガスがあまりに美味しくて
旬で新鮮な野菜を食べる事の素晴らしさに感激しました。

この素晴らしいものをもっと多くの人に届けたいと思い就農を決意しました。

その時から並行してこの仕事をしようと考えてはいたのですが
1年ほどは農業の方に付きっきりで計画を練ったり
農家さんの所で研修を受けたりと就農まで突っ走っていました。

ですが、その夢を実現させることは叶いませんでした

これは僕の農業への認識の甘さが
招いた結果だったと反省しております。

計画の段階で気づけたのが一番の救いでした。

※詳しくは長ーくなるので、いないと思いますが
どうしても気になるという方はお問い合わせからお尋ね下さい(笑)

 

ただ、ここには詳しい経緯は書いていないので、たまに何故就農しなかったの?というように、聞かれることもあります。

特にこれから新規就農をするよー!という方からが多い印象ですが、やはり理由は気になりますかね?(笑)

個人的にはただ一個人が就農に失敗(断念)した話なので、あまり面白いものでもないと思っていましたが、人の失敗からも学ぼうとされているのかなという所でしょうか。

(実は黄色いラインをしているように、気になる方はお問い合わせくださいと書いていてますが、絶対お問い合わせなんて来ないと思ったら、先日とうとうお問い合わせがありました!(笑) Hさんありがとうございました。)

 

という事で(?)今回はせっかくなので、その就農をしなかった理由を簡単ですが、書きたいと思います!

 

ここまで引っ張っておいて申し訳ないのですが、そこまでビックリするような内容ではきっと無いですが、

僕のブログを普段から読んで下さっている方は、もしかしたら「あぁ、やっぱりFPの西田らしいな」と思っていただけるかもしれません。

 

 

新規就農を断念した理由

 

では、早速ですが、僕が新規就農を断念した一番の理由は

『自分がやりたいと思った事が出来なかった』という点です。

 

新規就農を考えたのは26歳の頃でしたが、失敗しても取り返しのきく若いうちに色々とリスクを取って、新しい機械の導入や観光農園にチャレンジしたいと思っていました。

 

ただ、いざ実際に補助金の申請するという段階で、新規就農者がこれまで導入実績の無い機械を導入することに、補助金は出せないという事や、

観光農園はそもそも農業じゃないという認識との事で補助の対象外ということで、これでは自分がやりたいと思っていることでは、あまりにも利益率が悪くなるなということになりました。

(ちなみに佐賀は6割補助です。まぁ補助金ありきで利益を計画するのも今思えばどうかと思いますが笑)

その時は、正直意味が分からない!という気持ちで一杯でしたが、今では少しはその時に言われていたことも多少は理解しているつもりです。(納得はしていませんがw)

また、皮肉にも今年から佐賀も観光農園は補助の対象となりました。笑

 

少し話が脱線しましたが、話を戻しますね。

じゃあ、補助金が出ないならどうするか?となった時に、行政やJAの言う通りに従来の農業経営をやれば高い収益は望めないものの、普通に暮らしていくには最低限必要な収入にはなるとは思いました。

 

ですが、そもそも就農するという理由は別に会社員として働くのが嫌になったからという理由ではなく、

農業に秘められた色々な可能性に魅力を感じたのが就農の理由だったので、このままでは自分が思い描く理想のライフプランにはならないと判断したので、就農の計画を一旦白紙にしました。

もちろんそれ以外にも細かい要因としてはあるかもしれませんが、就農を断念したのはこのシンプルな理由です。

 

農業は一度始めたらそう簡単に辞めるというのも難しい職業だと思います。

農業という仕事自体が大好きだ!という人からしたら、そんな事で断念するのかと思われるかもしれませんが、

僕の中で農業を含めた仕事というのはあくまで「豊かな暮らしを過ごす為の1つの手段」でしかありません。

 

農業の世界には農業に対する色々な価値観が混在しているので、周りをみるとこれでいいのか、、?と感じることも多いかもしれません。

ですが、本当に大事なのは『自分が納得できているか』ではないでしょうか。

 

沢山の人に色々と協力をして貰いながら進めていた計画を途中で断念するのはわがままだとも思いますが、自分の人生なので自分の信じる事をやった方がよいと思います。

また、そういった就農計画~断念した経験が今のこういった農業専門FPの活動にも結び付いており、それはそれで楽しくやれているので、無理をして就農しなくてよかったと、個人的には思っています。

 

僕の就農断念の話は以上になります。

僕の話が参考になるか分かりませんが、就農についてこれでいいのか?と悩まれている方の一つの気づきになれば大変うれしく思います。

では、最後までお読み頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です