農業者年金に加入する前にやるべき事とは? こちら←

新規就農者におススメ!節約にもなる情報収集の方法と3つのメリット

こんにちは、農家の方に特化して

家計のお悩み解決をお手伝いしています

農業専門ファイナンシャルプランナーの西田凌です!

 

 

皆さんは情報収集ってどうされていますか?

人によって様々でしょうけど

・本

・インターネット

・セミナー

といった方法があると思いますが

 

 

今日はその中の「本」の情報収集方法で

ちょっとした「節約」にもなる賢い情報の集め方

というのをお伝えしたいと思います。

 

 

特に新規就農や次世代農業、稼げる農業を

考えている方なんかは農業経営の本はもちろん

・新規就農者向けの本

・栽培関係の本

・普通の経営の本

・マーケティング

など必要に応じて

とにかく沢山の本を片っ端から読まれると思います。

 

 

しかし、新規就農からしたら

「いや、書籍代だけでいくらかかんの」

「もっと自己資金を残しておきたい」

というのが正直な所でしょう。

 

さらに、買った本がいい内容だったらまだいいですが

成功者の自伝レベルの本で実際は全然就農の

役にたたない本なんかは沢山あると思います。

 

そんな本をいちいち最後まで読んでても

モチベーションは上がるかもしれませんが

新規就農や稼げる農家には全然近づかないでしょう。

 

しかし、人というのは一度買った本は

勿体ないと思って最後まで読んでしまったりするものです。

 

なので、本を買う時の情報の取捨選択というのは

お金だけでなく、時間の節約にもなります。

 

まぁ前置きはこの辺にして

早速その方法をお伝えしたいと思います!

 

その本、図書館にあります。

節約と言えば何と言っても

図書館で借りて読むのが一番でしょう

なんといっても、無料なので(笑)

 

そして、気になっている本や買おうと思っている本が

図書館にあるかどうかすぐわかるchromeの拡張機能があります。

 

※chromeというのはGoogleが提供している

Webブラウザのことです。

※拡張機能とは好きな機能を追加で搭載させられる仕組みの事です。

 

その中の

「その本、図書館にあります。」

という拡張機能をインストールしたら

 

気になった本をAmazonを購入しようとした時に

このようにその本が図書館にあるかどうか瞬時にわかるようになっています。

 

 

図書館の設定も最初に設定しておけば

次回以降は自動的に検出してくれますし

設定自体もそう難しいことはなく簡単にできます。

 

 

 

図書館にもよるかもしれませんが

今貸し出しができるかどうかもわかりますし

もし貸し出し中の場合は予約の画面まで

瞬時にリンクしてくれるので大変便利になっています。

 

 

 

3つのメリット

個人的にこの「その本、図書館にあります。」

3つのメリットを感じています。

①借りるので無料

②結局読まないを防ぐ

③時間の短縮

 

 

①借りるので無料

実際はこれが一番のメリットかもしれませんね。

手元に置いとくか悩む時に借りて読めるので

無駄な買い物をしてしまうという事を避ける事ができます

 

図書館で借りて読んでみて

何回も読み返しそうだなぁという時は

改めて購入するといいでしょうし

そう思わない場合は気になったらまた借りればいいので

購入は先送りにするというように

上手に図書館を活用するといいかもしれませんね。

 

 

②結局読まないを防ぐ

この拡張機能のいい所は予約の画面まで

ワンクリックで飛べますので、予約さえしておけば

「今度読もうと思って結局読まない」

というのも防げるかもしれません。

 

ただ、僕の場合もそうですが

読みたい本が貯まっている時に

予約してた本が来てしまうというように

その本がいつ来るかわからないという

欠点はあります(笑)

 

さらに、経営やマーケティング

ポップの書き方、キャッチコピーの本

でずっと人気だったり、今流行りの本というのは

予約してもなかなか来ない事が多いので

すぐに必要な場合は買った方が早いという事もあります。

 

ただ、農業の本はあまり待たずにそのまま借りれる事が

ほとんどでした(笑)

 

 

③時間の短縮

欲しい本を書店に買いに行って

結局無かったという事が一番時間の無駄ですよね。

 

ネットだったら確実に購入できますが

到着するまで時間が掛かります。

 

しかも、実際届いた時には

「これ、何だったけ?」となっている事もあります。

その程度の期待感、興味だったのなら

別に買わなくても良かったのかもしれません。

 

鉄は熱いうちに打てと言いますが

買い物は冷静になってやらないと衝動買いになり

無駄な支出になります。

 

 

それに対して「その本、図書館にあります。」では

図書館に行ってあるか無いか探す手間が省けるというメリットもありますし

予約が入っていなければ、当日ほぼ確実に手に入れられるということも可能になります。

 

 

無料な上に最速で確実に手に入る。

たとえ外れの本だったとしても

特に大きな損失というのは無いですよね。

(図書館に行く時間が勿体なかったくらいですかね)

 

 

実際どれくらいあるのか?というのは

図書館によってまちまちだと思いますが

 

佐賀の図書館でも割と新しい本でも

結構置いてあることが多いです。

(別に佐賀を悲観しているわけではありませんw)

 

 

個人的には図書館に行く時は

借りたい本を見つけに行くというよりも

借りる本を取りに行くという事の方が多いです。

(ついつい、他の本も見てしまい毎回大量に借りる

羽目になってしまいますが、、、笑)

 

 

以上が

「その本、図書館にあります。」のメリットでした。

ご参考にされてみて下さい!

 

 

ついでにおススメの本

かなりついでかもしれませんが

僕が新規就農を目指していた頃に

農業関係の本を沢山読みましたので

その中で個人的に良かったなぁという本を

チョイスしてみました!

(過去形なのは新規就農が叶わなかったからです
理由が知りたい方はメルマガで語っていますので
良かったら登録してみて下さい笑)

 

農で起業する!―脱サラ農業のススメ (著者 杉山経昌さん)

これまで新規就農を目指した人なら

一度は目にしたり耳にしたことがある本でしょう。

元外資系でバリバリ働いていた著者が農業やったら

ここまでやるのかと衝撃を受けた本でもあり

農業はここまでやれるのかと思わせてくれた1冊でした。

個人農家が目指すべきスモールビジネスを

細かいデータ分析やマーケティングにより実現する

過程や結果を丁寧に説明されている本でした。

 

 

絶対にギブアップしたくない人のための成功する農業 (著者 岩佐大輝さん)

ガイアの夜明けの出演で有名なのはもちろん

ハーバード・ビジネススクールの教授からも称賛される

岩佐氏が実際に農業を1から始めて失敗せずに農業経営をしていく為の

ノウハウが中心に書かれた本でした。

これを読めば新規就農でやるべきことの概要や問題の

全体像がわかるのかなという印象です。

 

1冊目の杉山さんと異なり岩佐さんの場合は

・大規模な経営

・IT農業

で経営をされています。

 

しかし、農業の経営にとって大事な根幹から

丁寧に説明をされているので個人でも法人でも

そして新規就農者だけでなく、今すでに農業の経営を

されている方にもきっと役に立つ内容になっていると思います。

 

ちなみに、この本の前に書かれた

99%の絶望の中に「1%のチャンス」は実る 

という本ではたった3年で劇的に

大規模な農業経営を実現された自伝なども

詳しく書いてあり面白かったです。

 

就農の役に立つのは

ご紹介した方の「絶対にギブアップしたくない人のための成功する農業」 

ですが合わせて読んでみられてもいいかもしれませんね。

 

 

 

とまぁ2冊にとどめておきますが

他にも農業に関するいい本は沢山ありました。

(ちなみにこの2冊は僕は買いましたが
もちろん図書館にもありました。)

 

 

ただ、どんな本でもこの農業が絶対ということは

あまり言われておらず、自分のワークライフバランス

踏まえた上でどんな農業経営をされていくかが

大事という事を伝えられていました。

 

農業は目的でなく手段という事ですね。

 

ご自身の目指す農業経営の趣旨と合った本を

色々と探されてみてはどうでしょうか。

 

 

 

まとめ

今回ご紹介したchromeの拡張機能

「その本、図書館にあります。」は

もちろん無料ですので、別に使おうが使わまいが

導入しておくだけでもいいかもしれません。

 

というのも

僕自身、これを導入したのを忘れていて

すぐ読みたいのに何日か待たないといけないのか、、。と

Amazonの画面を開いていたら

図書館にあるよ、という表示になっているのを見つけ

ダッシュで取りに行ったという事もあったので(笑)

 

 

もちろん、本は買って読む方がいいかもしれませんが

沢山本を読んで情報を入れたいという時にはこういったものを

利用して節約しつつも賢く情報収集されてみてはいかがでしょうか。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です