農業者年金に加入する前にやるべき事とは? こちら←

新規就農者したら生命保険の見直しは常識!?その理由を簡単に解説!

こんにちは、農家の方に特化して

家計のお悩み解決をお手伝いしています

農業専門ファイナンシャルプランナーの西田凌です!

 

今朝、あさチャンという番組を

見ていたら年金受給の話が出ており

有名な経済ジャーナリストの方が

丁寧に解説されていました。

 

内容はざっくりいうと年金の支給を

繰り下げるべきかという話でした。

 

それを判断するために60歳以降の働き方と

自分が貰える年金額を計算して

65歳から受け取りをするのか

繰り下げて受給するのか

どちらがいいのか判断しましょう。

という内容でした。

 

 

※繰り下げをすると1カ月0.7%年金が増額となり

増額された場合の支給率は一生変わりません。

82歳以上生存すれば65歳から年金を受け取るよりも

繰り下げした方が受け取り額が上回ります。

詳しくは

年金の繰下げ受給|日本年金機構

ご確認ください。

 

 

 

 

番組中にスタジオのキャスターの方から

「でも自分で年金を計算するのは無理ですよ~」

という納得のご指摘があっていました。

 

それに対する回答は

年金事務局に行って聞かれて下さいと

言われてました(笑)

 

まあ確かにある程度の参考にはなるのでしょうけど

年金は一度貰い始めたら受け取り方法を変えられないので

自分達でスッキリ決めるのはなかなか難しいところが

あるんじゃないのかなと思いました。

 

特に農家さんは高齢でも働く方が多いので

今後もこのように年金の受給年齢が多様化していく世の中では

年金を受け取るタイミングを決めるのも

また悩みの種になってしまいそうですね、、。

 

 

 

とまぁ

前置きがかなり長くなってしまいましたが

 

今回はタイトルにある通り

新規就農する人って生命保険を見直さないと

いけないのは僕の中では常識なのですが

自分の常識は世間の非常識というくらい

 

え、何それ?

 

という方も多いかと思います。

脱サラした時に(新規就農した時)

なぜ生命保険を見直さないといけないのか?

というのを

 

いつも執筆させて頂いている

マネーの達人さんにて掲載をして頂きました!

記事はこちら👇

【遺族年金の受給】ご主人が40代で「起業」する場合、家庭で確認しておきたいこと | マネーの達人

 

 

タイトルに40代でとは書いてありますが

あまり気にしなくてどんな年代の方でも

役に立つ記事になっています。

 

新規就農された方が

自分が生命保険を見直さないといけないなと

気づくきっかけになるかもしれませんので

是非一度ご覧になられてみて下さい(^^)/

 

 

ちなみにこの記事の冒頭で脱サラして

自営業を営む年代の話などにふれますが

新規自営農業就農でも一番多いのは

やはり30代となっているようです。

農林水産統計 H29年新規就農者調査

 

 

実際、農業をやりたい!という人は

農業次世代人材投資資金の支給が

45歳未満となっているので

丁度いいタイミングなんでしょうね。

 

新規就農する時は経営のことで

頭がいっぱいになってしまうかもしれませんが

大切な家族が困らないように

この機会に少し生命保険について

考えるきっかけにして頂ければ幸いです。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です