農業者年金に加入する前にやるべき事とは? こちら←

2年で元が取れる年金とは?

こんにちは、農業専門ファイナンシャルプランナーの西田凌です。

 

今回は新規就農者が知っておくべき

お得な年金の制度についてご案内したいと思います。

 

付加年金

 

国民年金に加入した場合にだけ加入できる

付加年金はご存知ですか?

この付加年金、実はとってもいい年金の制度なんですが

以外とご存知無い方が多く勿体ないなと思うことが

よくあります。

これから詳しく説明しますが、加入する方が

早ければ早いほどよりお得になるので

是非チェックして下さい!

どんな制度?

こちら正確には

「国民年金付加年金制度」

という名前の制度になりますが

毎月支払っている国民年金に

400円だけ上乗せして支払うものです。

 

ただ、凄いのはその受け取りの時で

年金受給の開始からたった2年で

元が取れる制度になっています。

 

なぜかというと

付加年金の年金額は

200円×付加保険料納付月数

となっているからです。

 

 

これだけ聞いても

いまいちイメージがわかないと思うので

 

仮に

国民年金を支払う30歳の方が60歳まで付加年金に加入した場合

 

付加保険料納付月数・・・360カ月(30年×12カ月)

払い込み保険料総額・・・14万4000円(360カ月×400円)

 

となりますよね、それで付加年金の受給額を

計算する為に先ほどの式に当てはめてみますと

 

200円×360カ月(付加保険料納付月数)=7万2000円

 

こちらが国民年金に毎年上乗せされます。

いいですか、毎年です!

 

つまり受け取りから2年が経つと

 

7万2000円×2年=14万4000円

 

となり

付加保険料の保険料払い込み総額と同額となります。

なので先ほどもお伝えした通り

2年で元が取れる仕組みになっています。

もちろんその後は生きている間は毎年

受け取れるようになっているので

長生きすればする程得をする制度となっています。

 

 

もっと言うと、このケースの場合

毎月400円を支払えば

将来に

毎月6000円(7万2000円÷12カ月)

になって戻ってくるということです。

たかが数百円、されど数百円。

本当にこの少しの差が後々大きな差を生む事になりますね。

 

ここまで付加年金がとってもお得な制度という事は

ご理解頂けましたでしょうか?

 

保険料付加月数が長い方がよりお得な制度ですので

農家の老後資金準備に必ず一役買ってくれるので

気になる方は少しでも早い加入をおススメします!

※農業者年金に加入する際はこの付加年金に

加入する事がどのみち条件となっているので

将来農業者年金の加入を検討されている方は

先に加入しておくといいと思います。

どうやって申し込めばいいの?

 

では申し込みはどうすればいいのか?

この付加年金に加入するのはそう難しい事ではありません

お住まいの市町村役場や年金事務所にある

所定の用紙を記入して手続きをするだけで大丈夫です。

特に脱サラして新規就農等をする方は

厚生年金から国民年金に切り替える際に

「付加年金の加入もお願いします」

と一言付け加えるだけであとはお役所様がやってくれます。

 

ただし、付加年金への加入の有無を

先方からは確認してくれないので

(僕の時だけかもしれませんが笑)

忘れずにきちんと伝えるようにして下さいね!

保険料の納付の方法

国民年金自体を口座やクレジットから引き落としの方が

多いと思われますので、指定の口座やカードから

一緒に引き落としになるのでそこまで心配することも

無いと思います!

もし口座やクレジットでない方は付加年金の納付書が

送られてくるのでそちらでお支払い頂く形になります。

詳しくはこちら↓

参考:ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。国民年金付加年金制度のお知らせ

参考:日本年金機構

 

 

簡単ですが以上が付加年金についての説明になります!

もしご不明な点があればお気軽にコメントや

お問合せからご連絡下さい♪

 

農業専門ファイナンシャルプランナー 西田凌

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です